足立区立第十六中学校、千代田区立九段中学校 平和教育 攻撃事件 ますだみやこ教育裁判




「教育委を訴える会」
結成準備会への
御出席を呼びかけます



ますだみやこニュース


● 第一次平和教育攻撃事件
 ねつ造された「足立16中」事件




● 第二次平和教育攻撃事件
 九段中「韓国大統領への手紙」事件



● 極右都議を支援する人たちって?


※ 「子どもと教科書全国ネット21」転載 


● 増田都子を応援するたくさんの声



● 活動報告・裁判/教育関係資料


 裁判関係書類など



 子どもと教科書全国ネット21



  都教委情報メールニュース



 法学館憲法研究所



 教育基本法 (1947年制定)


● 右翼・反動(目が腐るので注意!)


  事実をねじ曲げる野牧雅子サイト




掲示 板

掲示板









日誌
× 月









署名
用紙





応援してね
読んでね

PDF


ますだみやこの本







新刊

たたかう!
社会科教師


発売中!

詳細は画像
クリック!


●増田が加盟する独立労働組合です






住所:新宿区三栄町25(西部全労協内)
電話:03-3460-0058


不当解雇撤回! 支援カンパを
口座番号:00100−9−279057
口座名称:東京都学校ユニオン
  

不当判決糾弾!!

免職取消請求判決公判(2011年2月10日13:10〜東京高裁822号法 廷)において、まったく不当不当極まる判決が下されました。詳細はこちら


08年6月10日個人情報漏洩 最高裁判所


07年2月14日個人情報漏洩 東京高等裁判所

制作:増田先生を応援する有志による

最近の記事(内容はそれぞれのタイトルをクリッ ク)

■都教委よ、「オリンピック読本」のウソ記述を訂正せよ!  (9月29日)
■都教委作成「五輪読本」の「五輪憲章違反記述」につき、監査請求人(都民)を募集!  (9月20日)

■9/18 14:00〜 「都教委を訴える会」総会、どなたでも、ご参加を! (9月6日)

■都教委よ、恥ずかしくないのか?  屁理屈をこねて、教科書選定に介入(9月1日)

■不二越(強制連行第二次)訴訟連絡会・事務局の方から(8月17日)
■ 韓日青少年平和交流団で富山に来た韓国の高校生たちの感想とヘイトスピーチ(8月14日)
■第二次実教教科書裁判、傍聴お礼! (8月2日)
■8/2、10:00〜第二次実教教科書裁判(第1回)、傍聴参加を!(7月31日)

■<新しく都知事になる方へ、都教委が法律を守るように厳しい指導を! >(7月28日)
■武蔵村山5中の生徒たちが、米軍の新兵訓練!?(7月19日)

これ以前の記事は「日誌」の方にあります。
 

勤労者講座

09 年5月9日
田母神作文徹底批判

動画1/動画2/動画3/
動画4/動画5/動画6/
動画7/動画8/動画9/


資料集
●裁判資料

●我孫子講座

●小田原講座

●アソシエ講座2010


当面のますだのスケジュール 2014.12.13更新
ますだ みゃ〜こ

12月

●16日(火) 18:30〜 西部全労協大会(四谷保健センター)
●17日(水) 15:00〜 対キャノン労組、眞壁裁判(東京高裁822
●18日(木) 13:30〜 実教教科書裁判(地裁419
●18日(木) 16:00〜 学校ユニオン、執行委員会

●25日(木) 8:00〜 9:00 都教委糾弾ビラまき(都庁第二庁舎前)

足立区立第十六中学校、千代田区立九段中学校
平和教育攻撃事件 ますだみやこ教育裁判

● 公的な場で、侵略戦争を全面否定する古賀俊昭都議(自民党日野市選出)
「侵略戦争云々というのは、 私は、全く当たらないと思います。じや、日本は一体どこを、いつ侵略したのかという。どこを、いつ、どの国を侵略したかということを具体的に一度聞いてみたいというふうに思います。」(古賀俊 昭自民党都議2004/10/26都議会)これは間違った事実認識だと教えることのどこが「誹謗・中傷」なのですか。都 教委は、これで増田先生を「戒告処分」にしました。
● 土屋敬之都議(民主党板橋区選出)による人権侵害、最高裁で確定!
最高裁は、土屋たかゆき都議 の北千住駅頭における増田都子足立十六中教諭(当時)に対する街頭宣伝は人権侵害に当たるとして35万円の損害賠償金の支払いを命じました。(2003/5/30)都立板橋高校の卒業式(2004/3/11)を、罵声で混乱に陥れたのも土屋敬之都議です。こんな男が「教育正常化を阻む東京都教育庁のサヨク幹部」(雑誌『日本』 2006/4月号)と称して、都教委を引き回し東京の教育を破壊していることは許せません。
● 都教委は、増田都子先生の不当解雇を撤回せよ!
憲法に忠実に、正しい歴史認識を、生徒に教えた先生を教壇から追いやることは、憲法・教育基本法改悪、戦争を出来る国にすることの第一歩です。戦争の惨禍への反省から獲得した平和と民主主義を失うことは、戦争でなくなった300万人の命の犠牲を無にすることです。